引っ越す人の義務|現状回復は必ず行なおう

メンズ

退去前に

レディ

費用が安くなる

賃貸住宅を引き払う際には原状復帰の義務があります。これは部屋を借りた時の状態に戻して引き払わなくてはいけないということですが、クロスや畳が日焼けしたり経年劣化するのは当たり前のことなのでこういった場合は借主に原状復帰義務はありません。しかし部屋の壁に故意に穴をあけてしまったり、掃除を怠って床にシミや汚れをつけてしまった場合には借主が原状復帰費用を負担しなくてはいけなくなります。借主責任で原状復帰をしなくてはいけない場合、敷金でその費用がまかなわれまが、自分で業者を選べないため高い費用を負担しなくてはいけないこともあります。退去後に請求される費用を減らす為自分で原状復帰してくれる業者を探して、汚したり壊してしまった場所をきれいにしてから退去する人もいます。自分で業者を選べる為費用も安くてすみます。

全ての作業を依頼できる

原状復帰は壁紙やカーペットの張り替え、畳交換、鍵交換など様々なものが対象となります。原状復帰をしなくてはいけなくなった場所が多いと複数の業者に依頼しなくてはいけなくなりますが、原状復帰を専門に請け負う業者に依頼すれば全ての作業をしてもらえます。カーペットや壁紙の張り替えなどは、1平方メートル単位で価格を設定しているところもあり価格もわかりやすく便利です。無料メール相談や現地見積相談を受け付けているところもあります。また退去日が迫っている時も依頼に応じて素早く作業をしてもらえます。賃貸住宅と違いオフィスの場合には原状復帰は借主が費用を負担することになっています。原状復帰の専門業者に依頼すれば、全ての作業を素早く行ってくれるだけではなく費用も節約できます。