引っ越す人の義務|現状回復は必ず行なおう

メンズ

賃貸返却時の作業

工具

まずは大家と確認

賃貸の住宅やマンションなどを引き払う時には借りたときの状態の戻すように原状回復をする必要があります。壁紙などが壊れてしまった時には原状回復のときに修繕をして返却をしなければいけません。この工事をするときに知っておくとよい情報として、まずは大家や賃貸業者と事前に相談をすることがポイントになります。借りた人が故意に破壊をしてしまったようなケースにおいては原状回復をする必要がありますが、経年変化によって破損したものについては貸主が責任を負わなければいけないケースもあります。このようにどちらが責任を負って修理をするのかというのを事前に話をしてから原状回復の工事を依頼すると後でトラブルになるのを防ぐことができます。

専門業者がある

原状回復の特徴として、自宅の中では損をしやすい部分があるのでここを中心に工事をしてもらうことになります。壁紙やカーテン、さらには壁の塗装といったものが工事の中心になります。このため原状回復の工事は入居をしていた人が退去をした後に工事をしてもらうのが一般的です。そのため、トラブルを防止するためにもどこを工事して、どのようにするのかといったところまで綿密に打ち合わせをしておくことと見積もりを取ることが大切になります。遠方に引越しをしてしまうようなケースにおいては大家さんや仲介業者に見積もりの段階で同席をしてもらい確認をすることが大切です。トラブルになることが多いこと念頭に置いて業者に依頼をすることが大切です。