引っ越す人の義務|現状回復は必ず行なおう

メンズ

賃貸物件を借りる原則

ワーカー

元通りにして返却

賃貸物件を借りるときにはオーナーから現状復帰をするようにと言い渡されて引き渡しが行われるのが一般的です。借りた物件の所有権はあくまでオーナーのものであるのが賃貸契約をして物件を使用するときの原則であり、返すときには元通りにして戻すという原状回復義務が課せられるのが特徴です。現状復帰をするようにと念を押すオーナーが多いのは、返却時にしっかりと行わずに退去しようとする人がしばしばいてトラブルになることがあるからです。人から借りたものだから借りたときの状態に戻して返却するというマナーを守るようにすると支障が生じることはあまりませんが、急いでいて疎かにしてしまう人も少なくありません。これが現状復帰を求めるオーナーが多い実情なのです。

経年劣化の考慮が可能

賃貸物件を借りたときに現状復帰するようにと言い渡されたとしても、厳密に言えば原状回復とは異なる点は理解しておくと良いでしょう。そのときの状態にしっかりと戻すことが求められているわけではなく、経年劣化の考慮をすることができるからです。人が住んでいれば自然に物件は劣化が進むものであり、住んでいなくても風雨や日光にさらされることになって古くなるでしょう。その分まで借りた人が責任を負う必要はないということが原状回復のガイドラインには定められています。そのため、借りた当時の状況まで厳密に元通りにする必要はなく、傷をつけたり汚してしまったりした部分についてきれいに元通りにしてから返却すれば問題ありません。