引っ越す人の義務|現状回復は必ず行なおう

ワーカー

賃貸物件を借りる原則

ワーカー

現状復帰をオーナーに言い渡されて賃貸物件を借りることはよくありますが、借りたときの状態にして返すのはマナーと考えられるでしょう。ただし、厳密には原状回復義務では経年劣化の考慮をすることができるので完全に元通りにする必要はありません。

Read More

気持ちよく引っ越すために

作業員

何事も最初が肝心

現状回復とは、退居するときにその部屋を借りた当初の状態まで戻す作業を言います。いま住んでいる場所から別の場所に引っ越す際には、この現状回復が義務付けられています。現状回復をするときのポイントは、入居時の状態をきちんと把握しておくことです。最初の状態が分からなければ、どの程度まで現状回復すればいいのかがあやふやになります。しかし、写真等で元の姿を残しておけば、無駄に手を加えなくて済む分、余計な出費を抑えられます。ほかにも、修繕費に対する過度の請求があった際、自分に非がないことを証明する道具にもなってくれます。敷金がいくら戻って来るかは非常に重要な部分です。不慮のトラブルに巻き込まれないためにも、最初の準備が大切です。

第三者に立ちあってもらう

現状回復をするときのおすすめの方法として、専門家に仲介してもらう形があります。大家さんと交渉するときに一緒にその場に立ち会ってもらうのです。大家さんと一対一で現状回復の交渉をすると専門的な知識がない分、押し切られてしまう可能性が高いです。立場も向こうの方が上ですから、性格等によっては強く出られないことも考えられます。こんなとき、弁護士や建築士のような第三者を仲介すると、対等な立場から交渉できるため、不利な条件をのまずに済みます。また、部外者がいることで感情的になるのを防げ、互いに冷静さを保ったまま話し合えるという効果も期待できます。気持ちよく部屋を明け渡すためには最後が肝心です。その意味でも、プロと協力しながら現状回復するのもありです。

退去前に

レディ

賃貸住宅を引き払う際に、借主側に原因があって部屋を汚してしまった場合には原状復帰費用を負担しなくてはいけません。またオフィスの場合には原状復帰にかかる全費用を負担する必要があります。原状復帰の専門業者に依頼すれば全ての作業をしてもらえます。また無料見積もりなどもあるので、費用も安くなります。

Read More

賃貸返却時の作業

工具

賃貸の物件を引き払うときには原状回復をすることになりますが、事前にどこをするのか大家さんとしっかり打ち合わせをすることが大切です。また、自分がいなくなった後に工事をされることを想定して準備しておくこともポイントです。

Read More